森田知事、今年の漢字は「杭」…「ぐっと出た」 – 読売新聞

「今年の漢字」が新聞に乗っていたので気になって、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。



森田知事、今年の漢字は「杭」…「ぐっと出た」 – 読売新聞

森田知事、今年の漢字は「杭」…「ぐっと出た」
読売新聞
千葉県の森田知事は18日、1年を振り返った「今年の漢字」に「 杭 ( くい ) 」を挙げた。 県議会定例会閉会後、記者団に「思いっきり杭がぐっと出たんじゃないか。どんなにたたかれようとも」と述べた。 県内では今年、2020年東京五輪・パラリンピックの7競技開催が決まった。
今年の漢字、千葉知事は「杭」産経ニュース
今年の漢字は“杭” 「出過ぎれば打たれない」 森田知事千葉日報

all 4 news articles »


記事引用元
森田知事、今年の漢字は「杭」…「ぐっと出た」 – 読売新聞

 

--> 『今年の漢字』を楽天市場でさがす



こちらにも関連ニュースがあったよ。



【湯浅博の世界読解】今年の漢字、世界は「爆」だ シリア発の激震は「靖国爆発」の日本にも及ぶ? – 産経ニュース

【湯浅博の世界読解】今年の漢字、世界は「爆」だ シリア発の激震は「靖国爆発」の日本にも及ぶ?
産経ニュース
今年1年を象徴する漢字は、やや内向きの安保法制、円安の「安」なのだという。だが、世界を眺めればロシア機爆破、「イスラム国」(IS)空爆、自爆テロの続発からみて「爆」以外には考えられない。ちなみに、日本の安保法制も世界の変化に対応したものだ。 「爆」の震源地は …

and more »


記事引用元
【湯浅博の世界読解】今年の漢字、世界は「爆」だ シリア発の激震は「靖国爆発」の日本にも及ぶ? – 産経ニュース

まだ「今年の漢字」はわからないことだらけ。

また報告するね。

バイバイ



コメントは受け付けていません。