都会で増えたメジロ 理由はカンツバキの花? – 日本経済新聞

「初メジロ 季語」についてラジオで話していたのだけど聞き損ねてしまったので、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。



都会で増えたメジロ 理由はカンツバキの花? – 日本経済新聞

都会で増えたメジロ 理由はカンツバキの花?
日本経済新聞
声の質が高くて細く、少し伸ばす鳴き方をするのがメジロで、カタカナで表現すると、「チイ」とか「チィー」となる。春に始まる雄のラブソング(さえずり)は複雑で長いが、高い緑の茂みから小鳥のさえずりが聞こえてきて、その姿がなかなか見えなければ、住宅地ではまずメジロだろう。



記事引用元
都会で増えたメジロ 理由はカンツバキの花? – 日本経済新聞

 

--> 『初メジロ 季語』を楽天市場でさがす



こちらにも関連ニュースがあったよ。



春は恋の季節 さえずりで雌を呼ぶ小鳥の雄 – 日本経済新聞

日本経済新聞

春は恋の季節 さえずりで雌を呼ぶ小鳥の雄
日本経済新聞
小鳥の雄がこぞって歌うのは、「選択権」を持つ雌に見初めてもらうためだ。 ウグイスやシジュウカラのような比較的単純な歌(さえずり)は聞き分けやすい。メジロやツバメは難しいが、人家近くでよく聞かれる歌の中で、早口で複雑で長いのはこの2種くらい。ツバメは姿を確認し …



記事引用元
春は恋の季節 さえずりで雌を呼ぶ小鳥の雄 – 日本経済新聞

「初メジロ 季語」はおもしろいね。

また調査するね。

(@^^)/~~~



コメントは受け付けていません。